保健医療福祉機関における職員間暴力防止に関する研究

プロフィール

日隈利香(RIKA HINOKUMA)
鹿児島大学医学部保健学科臨床看護学講座助教
最終学歴 鹿児島国際大学大学院福祉社会学研究科博士後期課程 2010年3月修了
学位 社会福祉学博士
資格 看護師、助産師、社会福祉士
研究キーワード

保健医療福祉施設における職員間暴力防止教育プログラムの開発・導入に関する研究

医療・福祉・行政機関におけるDV被害者への取り組みの現状と課題についての研究

研究シーズ

ハラスメント防止教育プログラムの開発・導入 研究シーズ

Page Top

論文・著書・他

鹿児島大学研究者総覧 - 日隈 利香(外部サイト)

  • 今村利香, DVの概要と鹿児島市におけるDV被害の実態, 鹿児島県社会福祉士会ニュース, Vol.第55号, pp.2-6 (2004).
  • 今村利香,吉松亜由美他, 隼人町老人給食サービス事業に関する調査研究, 2003年度大学院プロジェクト研究報告書, pp.10-13 (2004).
  • 今村利香,吉松亜由美他, 隼人町老人給食サービス事業に関する調査研究, 2003年度大学院プロジェクト研究報告書, pp.22-46 (2004).
  • 今村利香,, 看護師(看護管理者)のDV問題に関する研修参加状況とDV被害者への対応に関する認識, 第37回日本看護学会論文集(看護教育),日本看護協会, pp.264-266 (2006).
  • 今村利香, Domestic Violence 被害者に対する看護師(看護管理者)の初期対応と役割, 第37回日本看護学会論文集(看護総合2006),日本看護協会, pp.430-432 (2006).
  • 今村利香, 「医療機関に勤務する看護職が必要としているDV被害者支援教育プログラムに関する研究」, 2005-2006年度科研費報告書,斯文堂, pp.1-139 (2007).
  • 今村利香, DV防止法の知識とDomestic Violence(DV)被害者支援に関する研修会への参加についての一考察 -看護師長の所属機関別分析結果よりー, 日本看護協会第38回日本看護学会論文集(看護総合), pp.526-528 (2007).
  • 今 村利香, 事例展開方式にて明らかとなった看護師へのDV (Domestic Violence)被害者支援の問題点 ―キーワード分析より看護師教育の必要性を探る―, 日本看護協会第38回日本看護学会論文集(看護教育), pp.314 -316 (2008).
  • Rika Imamura,Kazuharu Mine, Encounter experience of head nurses with domestic violence victims and some problems in domestic violence victim support system in Japan: a questionnaire survey, Reprinted from Bulletin of the School of Health Sciences Faculty of Medicine Kagoshima University , Vol.18, pp.9-13 (2008).
  • 今村利香, 医療機関におけるeラーニングを用いたDV被害者支援教育に関する研究, 鹿児島国際大学社会福祉学会誌「ゆうかり」, No.7, pp.4-5 (2008).
  • 石澤隆,北薗正樹,今村利香,小濱智美,宮薗幸江,高崎靖子,武亜希子,窪田溜, 第12回 ストーマリハビリテーションの基本, 鹿児島大学医学部保健学科臨床看護学講座公開講座「ストーマリハビリテーションの基本」事務局, pp.1-74 (2008).
  • 今村利香, DV問題に関する看護師教育・研修体制の充実を図るための研究 ― 2006年度調査を基に ―, 日本看護学会論文集看護総合, No.39号, pp.167-169 (2008).
  • 今村利香,峰和治,高山忠雄, DV被害者支援専門員の教育システム開発に関する研究, 平成20年度科学研究費補助金実績報告書, (2009).
  • 今村利香, 中馬育子, 白川真紀, 石澤隆,他, ストーマ公開講座が参加者に及ぼす教育効果について, 鹿児島大学生涯学習教育研究センター年報 , No.第6号, pp.48 -52 (2009).
  • 今村利香,峰和治,高山忠雄, 医療機関におけるIT整備状況とeラーニングを用いたDV研修に関する研究, 日本看護学会論文集看護総合, No.40号, pp.318-320 (2009).
  • 今村利香,峰和治, 看護職員を対象としたDV被害者支援研修システムに関する研究, 日本看護学会論文集看護教育, No.40号, pp.134-136 (2009).
  • 今村利香,峰和治, Domestic Violence(DV)問題への対処行動と医療・福祉支援-2被害者の事例分析-, 鹿児島大学医学部保健学科紀要, Vol.20, pp.1-5 (2010).
  • 今村利香, eラーニングを活用した福祉・医療教育の可能性, 鹿児島国際大学社会福祉学会,社会福祉学会誌「ゆうかり」, No.第9号, pp.13-14 (2010).
  • 今村利香、峰和治、高山忠雄, DV被害者支援専門員の教育システム開発に関する研究, 平成21年度科学研究費補助金実績報告書, (2010).
  • 今村利香、峰和治、高山忠雄, DV被害者支援専門員の教育システム開発に関する研究, 平成22年度科学研究費補助金実績報告書, (2011).
  • 日隈利香, 保健医療福祉施設における職員間暴力防止プログラムの開発・導入に関する研究, 平成23年度科学研究費補助金実績報告書, (2012).
  • 日隈利香, 看護職員のハラスメント問題に関する研究, 第43回日本看護学会論文集 精神看護 2013年(投稿受理), (2013).
  • 日隈利香、岩下邦子、的塲浩二, 鹿児島県内の医療福祉機関におけるハラスメントの実態と関係機関の取組み, 第43回日本看護学会論文集 看護総合 2013年(投稿受理), (2013).
Page Top

学会発表

  • 今村利香, .鹿児島市における医療機関でのDV被害者支援についての認識と連携についての意識調査, 第8回日本看護研究学会九州地方会学術集会, 2004年 3月 (鹿児島市).
  • 今村利香, 医療従事者のパートナー間のDV問題についての考えにおける性差に関する基礎的研究, 第45回日本衛生学会学術集会, 2004年 9月 (東京都).
  • 今村利香, A市の福祉施設及び行政機関においてDV被害者支援に関与する職員の意識調査??事例検討自由記述方式??, 日本社会福祉学会第52回全国大会, 2004年 10月 (東京都).
  • 川東有希子,茶屋道拓哉,今村利香,他, 隼人町老人給食サービス事業に関する調査研究, 日本社会福祉学会第52回全国大会, 2004年 10月 (東京都).
  • 今村利香, 医療関係者が求めるDV被害者支援について??事例検討自由記述方式??, 日本看護学会第35回全国大会(地域看護), 2004年 10月 (高知市).
  • 今村利香,緒方重光, DV被害者支援と看護職者の役割, 日本看護学会第36回全国大会(看護総合), 2005年 7月 (高松市 ).
  • 今村利香,緒方重光, DV問題に関する看護学生の認識, 日本看護学会第36回全国大会(看護教育), 2005年 8月 (宇都宮市).
  • 今村利香, DV被害者支援のための効果的教育, 日本社会福祉学会第53回全国大会, 2005年 10月 (仙台市).
  • 今村利香, 「鹿児島市における医療機関のDV被害者支援に関する研究」, 国際大学大学院福祉社会学研究科設立5周年記念大会研究報告, 2006年 2月 (鹿児島国際大学).
  • 今村利香, Domestic Violence 被害者に対する看護師(看護管理者)の初期対応と役割, 日本看護学会第37回全国大会(看護総合), 2006年 7月 (宮崎市).
  • 今村利香, 看護師のDV問題に関する研修参加状況とDV被害者への対応に関する認識, 日本看護学会第37回全国大会(看護教育), 2006年 8月 (松山市).
  • 今村利香,下高原理恵※(※鹿児島大学医歯学総合歯科応用解剖学), 看護学生の解剖見学実習による教育効果, 第32回日本看護研究学会学術集会, 2006年 8月 (大分市).
  • Rika Imamura, Encounter experience of head nurses with domestic violence (DV) victims and some problems in domestic violence victim support system in Japan, ICN Conference 2007, 2007年 5月 (yokohama,Japan).
  • 今村利香, DVについての知識とDV問題に関する研修会参加経験の実態??看護師の所属機関別分析より??, 日本看護学会第38回全国大会(看護総合), 2007年 7月 (宜野湾市).
  • 今村利香, 看護管理者のDV問題に関する知識とDV被害者遭遇経験の関連性, 第32回日本看護研究学会学術集会, 2007年 7月 (盛岡市).
  • 今村利香, 事例展開方式にて明らかとなった看護師へのDV(Domestic Violence)被害者支援の問題点??キーワード分析より看護師教育の必要性を探る??, 日本看護学会第37回全国大会(看護教育), 2007年 8月 (千葉市).
  • 今村利香, 医療機関におけるDV問題解決ネットワークに関する研究―看護管理者(看護師長)とソーシャルワーカー,支援機関担当者との連携の状況より―, 日本社会福祉学会, 2007年 9月 (大阪市).
  • 今村利香, DV問題に対する看護職の役割意識と被害者支援促進因子に関する基礎的研究, 第27回日本看護科学学会学術集会, 2007年 12月 (東京).
  • 今村利香, DV問題に関する看護師教育・研修体制の充実を図るための研究 ― 2006年度調査を基に ―, 日本看護学会 ― 看護総合 ―, 2008年 7月 (石川県).
  • 今村利香, 看護師のオストメイトに対する社会保障制度の知識に関する研究, 第34回日本看護研究学会学術集会, 2008年 8月 (神戸).
  • 今村利香, 臨地実習における学生オリジナルパンフレットを用いた患者指導に関する研究, 第39回日本看護学会 ― 看護教育 ―, 2008年 8月 (岐阜).
  • 今村利香, 高山忠雄, ドメスティック・バイオレンス被害者の問題対処行動に関する研究, 日本社会福祉学会第56回全国大会, 2008年 10月 (総社市).
  • 塗木まみ, 山下浩美, 神薗健二, 市村カツ子, 今村利香, ICU術前訪問による患者への効果の検討, 第5回日本循環器看護学会学術集会, 2008年 10月 (青森市).
  • 今村利香, 母子生活支援施設職員に必要なDV被害者支援教育システムに関する研究-K母子生活支援施設職員からの聴き取り調査内容分析より-, 第21回日本保健福祉学会学術集会, 2008年 11月 (鹿児島市).
  • 今村利香, 中馬育子, 白川真紀, 石澤隆, 宮薗幸江,武亜希子, 北園正樹他, 公開講座「ストーマリハビリテーションの基本」受講者の受講動機, 第24回九州ストーマリハビリテーション研究会, 2008年 11月 (宮崎市).
  • 今村利香,石澤隆,宮薗幸江,武亜希子他, ストーマ公開講座が参加者に及ぼす教育効果, 第26回日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会, 2009年 2月 (青森市).
  • 今村利香,峰和治,高山忠雄, 医療機関におけるIT整備状況とeラーニングを用いたDV研修に関する研究, 第40回日本看護学会(看護総合), 2009年 7月 (京都市).
  • 今村利香,峰和治, 看護職員を対象としたDV被害者支援研修システムに関する研究, 第40回日本看護学会(看護教育), 2009年 8月 (岡山市).
  • 今村利香, 高山忠雄, 福祉機関におけるIT整備状況とeラーニングシステムを用いたDV研修に関する研究, 日本社会福祉学会第57回全国大会, 2009年 10月 (東京都町田市).
  • 今村利香, 福祉・行政・医療機関でのDV教育研修に関する追跡調査~研究低回収率の原因を探るために~, 第22回日本保健福祉学会学術集会, 2009年 11月 ( 仙台市).
  • 今村利香,峰和治, 医療機関内の職員教育研修におけるeラーニングの利用状況, 第40回日本看護学会(看護総合), 2010年 7月 (山口市).
  • 今村利香,峰和治, 医療従事者のストレスとDV被害者支援研修に関する研究, 第40回日本看護学会(看護教育), 2010年 8月 (佐世保市).
  • 米国弁護士会DV委員会のDV問題への取り組みと職員教育に関する研究~インタビュー調査を基に~, 日本社会福祉学会 第59回全国大会, 2011年 10月 (千葉市).
  • 日隈利香, 看護職員のハラスメント問題に関する研究, 第43回日本看護学会 精神看護, 2012年 7月 (佐賀市).
  • 日隈利香、岩下邦子、的塲浩二, 鹿児島県内の医療福祉機関におけるハラスメントの実態と関係機関の取組み, 第43回日本看護学会 看護総合, 2012年 8月 (静岡).
Page Top

鹿児島大学リポジトリ

Page Top